まずはどこかの芸能事務所に入りたいと考えて、事務所に所属するためのオーディションを受ける場合は、キャラクターの良さや自分ののびしろを感じさせることによって、興味を持ってもらえる確率が高くなります。過度に作りすぎたキャラなどは、芸人の道を目指すのであれば良いかもしれませんが、俳優のオーディションを受ける場合にはよく考えなければなりません。容易に予想できるのは、多くのオーディション参加者が、審査員の質問に対して似たり寄ったりの答えをしているだろうということです。自分が審査員になったつもりでシミュレーションしてみると、どのような返答はつまらなく感じ、どのような答えはおもしろいと感じるかが見えてくるはずです。

なんにせよオーディションではインパクトを与えることが大切です。芸能界というところは、単にスタイルが良い人や、顔の造形美が優れている人はいくらでもいる世界です。その中で、自分がアピールできるポイントを自分自身で見定めることが鍵になってきます。オーディションの募集はインターネットで調べてみると意外なほど多く見つけることができますので、この道に興味を持っている人は、よく準備して参加してみるのはいかがでしょうか。