まずはどこかの芸能事務所に入りたいと考えて、事務所に所属するためのオーディションを受ける場合は、キャラクターの良さや自分ののびしろを感じさせることによって、興味を持ってもらえる確率が高くなります。過度に作りすぎたキャラなどは、芸人の道を目指すのであれば良いかもしれませんが、俳優のオーディションを受ける場合にはよく考えなければなりません。容易に予想できるのは、多くのオーディション参加者が、審査員の質問に対して似たり寄ったりの答えをしているだろうということです。自分が審査員になったつもりでシミュレーションしてみると、どのような返答はつまらなく感じ、どのような答えはおもしろいと感じるかが見えてくるはずです。

なんにせよオーディションではインパクトを与えることが大切です。芸能界というところは、単にスタイルが良い人や、顔の造形美が優れている人はいくらでもいる世界です。その中で、自分がアピールできるポイントを自分自身で見定めることが鍵になってきます。オーディションの募集はインターネットで調べてみると意外なほど多く見つけることができますので、この道に興味を持っている人は、よく準備して参加してみるのはいかがでしょうか。

俳優のオーディションの流れとしては、基本的にまず書類選考から始まります。この時点で落とされてしまうと、自分をプレゼンする場所すら得られないので、書類もおざなりな書き方をするのではなく、興味を持ってもらえるように書く必要があります。きちんとオーディション用の履歴書を使い、写真もなるべく良い写りのものを使いましょう。書類選考が通った人たちは実際のオーディションに進みますが、まずは自己紹介からはじめ、面接による質疑応答や自己PR、そして場合によってはその場で実技審査という形もあります。もちろん本格的なオーディションになればなるほど、審査の回数は増えることがあり、一次審査だけでなく二次や三次もオーディションがあるケースも多いです。

特定の役のオーディションを受ける場合であれば、その役を求めている人たちが見たい部分は何なのかをよく考えて自己PRをする必要があります。漠然と良さそうな人材を探している場合と、明確な役どころを探している場合では審査員の見方も当然違ってくるはずです。なんとなくオーディションを受けていると、次から次へと落ちるだけという展開になりやすいので、観察力と洞察力を働かせてオーディションを受ける必要があります。

芸能の世界を目指している人というのは私たちが想像する以上に多いものです。普段は堂々とそうした目標や夢を口にしない人が多いだけで、うちに秘めた決意や野望は大きいものがあるのかもしれません。実際アイドルなどになる人は周りから「芸能人になるようなタイプだと思わなかった」と言われる人も多いです。俳優になる人もバックグラウンドは色々で、元々子役などをかじったことがある人もいれば、学生時代はスポーツに打ち込んでいた人などもいるでしょう。実際のところ、こうした人たちはどのようにして芸能界、また事務所などに入るに至るのでしょうか。街角を歩いているところをスカウトマンにスカウトされてという人もいますが、多くの人たちがオーディションを受けてこの世界に入ってきています。

歌手のオーディションであれば、きっと試しに少し歌を歌うんだろうと予想がつきますが、俳優のオーディションともなると、どんなところでどんな内容のオーディションが開かれているのだろうと不思議に思う人も多いかもしれません。また俳優のオーディションと言っても、まずは芸能事務所に入るためのオーディションもあれば、直接特定の役を得るためにオーディションというものもあります。大きなオーディションであれば何百、何千というライバルに勝ってチャンスをもぎ取る必要があるのです。このサイトでは、俳優のオーディションの流れとどのようなポイントを意識するべきか考えてみましょう。